明治安田J2第26節は4日、デンカビッグスワンなどで11試合を行い、アルビレックス新潟は徳島に4-0で快勝した。通算成績は10勝7分け9敗、勝ち点は37で、順位は9位に浮上した。

 新潟は前半、MF戸嶋の今季初ゴールとFWレオナルドのゴールで2-0とした。後半14分にもMF渡辺新が右足で決めると、43分には18歳のルーキーMF本間がネットを揺らした。

 柏が5-1で琉球に大勝し、8連勝で勝ち点を52に伸ばして首位を守った。2位の京都は東京Vに4-0で完勝して同50。大宮は山形との上位対決を3-2で制して同46で3位に浮上し、福岡を下して7連勝...    
<記事全文を読む>