サッカーJ1松本山雅は4日、J1広島の元日本代表DF水本裕貴(33)が期限付き移籍で加入し、松本山雅のFWレアンドロペレイラ(28)が広島に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は水本が来年1月末まで、レアンドロペレイラは来年1月1日まで。水本の背番号は41に決まった。

 三重県出身の水本は183センチ、72キロ。千葉や京都などを経て2011年からは広島の主力としてプレーし、3度のJ1年間優勝に貢献した。日本代表として国際Aマッチ7試合に出場。松本山雅の反町康治監督が指揮を執った08年北京五輪ではU―23(23歳以下)日本代表の主将を務めた。

...    
<記事全文を読む>