サッカーJ1横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔、MF喜田拓也、GK朴一圭の主力3選手が4日、京急線上大岡駅の商業施設「ウィング上大岡」で行われたトークショーに出演し、日本代表の畠中は「ことしはタイトルを取れる位置にいる。残り試合を全部勝つつもりで戦いたい」と、集まった約300人のファンらに2004年シーズン以来のリーグ制覇を約束した。チームは同日現在で12勝3分け6敗の勝ち点39で3位につけている。主将の喜田は「これまで以上にチームのために動ける人がそろっている。試合に出る人も出られない人も、みんながチームのためにやれている」という結束力の強さを好調の要因に挙げ、「今の順位にいるのも自分...    
<記事全文を読む>