(最終日、4日・埼玉スタジアムほか)

 3試合が行われ、浦和はホームで名古屋と2―2のドロー。先に2失点したが、前半ロスタイムに興梠のゴールで1点返すと、後半終了間際にも関根が劇的な同点ヘッドを決めた。

■2点を先行されるも同点に

 2点を先行された浦和は2―2で名古屋と引き分けた。

 前半2分、前田の右クロスに合わせた和泉のゴールで先制を許し、同25分にはガブリエルシャビエルの左クロスから前田に追加点を奪われた。同ロスタイムに武藤の右クロスに興梠が頭で合わせて1点差に迫ると、後半終了間際には山中の左クロスに走り込んだ関根のヘッドで同点と...    
<記事全文を読む>