開幕から全試合先発出場してきたエース北川が欧州に渡った。チームの顔を失った清水に必要だったのは、戦力ダウンを心配するサポーターに勇気を与えること。攻撃陣も守備陣も、残された面々が期待に応えて躍動した。
 決勝点が生まれたのは後半5分の逆襲から。北川の代わりにトップ下に入った河井が最前線へ鋭いスルーパス。左サイドの西沢が受け、GKとの1対1を蹴り込んだ。「相手のスペースを突く狙い通りの得点だった」
 一気に相手ゴール前まで走ることができた北川がいなくなったことで懸念されたのは、自慢のカウンターの切れ味が鈍ることだった。しかしこの日は、序盤から横浜Mに何度も鋭い逆襲を浴...    
<記事全文を読む>