J1鹿島のGK曽ケ端は2日、40歳の誕生日を迎えた。練習後にはチームメートから水を掛けられる手荒い祝福を受けた。プロ22年目の大ベテランは「40歳を鹿島で迎えられたのは幸せなこと。ここからどこまで続くか分からないが、一日一日を大切にしていければいい」と実感を込めて話した。

高校卒業からプロ入りした時は30歳まで現役を続けられればいいと考えていたことを明かし、「この年(40歳)までは想像できなかった。ここまではいろんな人の助けがないとできない。感謝しかない」と周囲のサポートを強調した。

天皇杯は最多試合出場の記録保持者で、J1通算出場は5位。今...    
<記事全文を読む>