サッカーJ2のFC岐阜は二十五節の三十一日、岐阜市の長良川競技場で大宮アルディージャと対戦し、0-0で引き分けた。勝ち点17で、順位は、最下位の二十二位のまま。

 岐阜は途中加入の三選手がそろって先発した。前半は押し込まれたが、GKヤン・オレ・ジーバース選手がファインセーブし、ゴールを許さない。後半は岐阜が攻め込み、FWライアン・デ・フリース選手がクロスバー直撃、DF柳沢亘選手がポスト左にそれるシュートを放つなど惜しい場面もあった。

 次節は四日に敵地でV・ファーレン長崎と対戦する。

◆活路を開く新戦力バホス選手...    
<記事全文を読む>