青森県サッカー協会は31日、昨年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した柴崎岳選手=野辺地町出身、青森山田出、デポルティボ=への東奥日報応援メッセージ企画からの寄付金で製作した二つのトロフィーをお披露目した。9月上旬まで行われる県U-12東西上位リーグの優勝チームにそれぞれ贈る。

 

 大南博義・同協会専務らが、青森市の東奥日報社を訪れ佐藤秀樹専務と懇談。ジュニア育成と競技レベル向上のため、U-12リーグ戦に東西各8チームによる上位リーグを設けたことを説明し「チビッコ世代から競技の底上げを図りたい」と述べた。

 佐藤専務は「トロフィーから柴崎...    
<記事全文を読む>