静岡県ゆかりのプロ野球選手らでつくるプロ野球静岡県人会(石川雅章会長)はこのほど、子どもたちが安全にプレーできる環境をつくろうと、自動体外式除細動器(AED)を県スポーツ振興課に寄贈することを決めた。
 昨年12月に行った野球教室でのチャリティー抽選会の参加料や協賛金の一部など約35万円でAEDを1台購入した。24日に大阪市の京セラドーム大阪で開いた県内出身のプロ野球選手応援ツアーで、オリックス・バファローズの増井浩俊投手(静岡高出)と竹安大知投手(伊東商高出)が県人会の選手を代表し、石川会長から報告を受けた。

...    
<記事全文を読む>