事もなげに、快挙を成し遂げた。3点ビハインドの七回。2番手で登板した公文が、1番・秋山から始まる上位打線を3人でピシャリと封じた。持ち味の力強い直球と切れ味鋭いスライダーを駆使し、好打者たちをあっさり料理。デビューから続く連続試合無敗記録を「165」に伸ばし、日本記録を更新した。

 釧路で行われた27日の西武戦では1回1/3を投げ3失点。巨人・高木の持つ日本記録に肩を並べたが、反省ばかりが口を突いた。それでも、この日は本来のパフォーマンスを取り戻し、快投。「(前回は)源田に打たれたが、きょうはしっかり抑えられてよかった」と、投球を納得の表情で振り返った。

 勝ち...    
<記事全文を読む>