【サンディエゴ共同】米大リーグは28日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はレンジャーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打、1三振だった。チームは0-3で敗れた。

打線の火付け役になれず

 【米アナハイムで本紙特派員・斎藤孟】第1打席の二塁打は見事だった。初回1死一塁でエンゼルス・大谷翔平は21歳の新人右腕クレースの99マイル(約159キロ)を捉えると、打球は左中間に一直線。フェンスにワンバウンドで当たる強烈な打球で6試合ぶりの長打が生まれた。

 しかし、この後の1死満塁の先制機を逃したエンゼルス。打線が沈黙し、散発3安打無得...    
<記事全文を読む>