千葉ロッテの大卒ルーキー左腕2人が、相次いでプロ初勝利を挙げた。ドラフト3位の小島和哉と同5位の中村稔弥は、誕生日が1日違いの23歳。リーグ戦終盤に向け頼もしい戦力になりそうだ。

 小島は14日の日本ハム戦で6回を4安打1失点。5度目の登板で待望のプロ初勝利をつかんだ。ウイニングボールを手にして「長い時間がかかった。ここまで全試合を見に来てくれた両親にプレゼントしたい」と初々しく話した。

 埼玉・浦和学院高時代に2年生エースとして2013年の選抜大会を制し、早大では東京六大学リーグで通算22勝を挙げた。開幕ローテーションに入りながらプロ初登板だった4月4日の西武...    
<記事全文を読む>