夏の甲子園が終わっても、高校球児の戦いは続いている。今月末から高校日本代表がU18ワールドカップ(W杯)に臨む。小園は「頑張ってほしいですね」とエールを送る。

 自身も高校時代は日の丸を背負った。2年前のU18W杯では中村奨らと出場して3位。1年前のU18アジア選手権も3位で、今夏の話題をさらった奥川恭伸投手(石川・星稜高)とはチームメートだった。「真面目でいいやつですよ」と人柄に太鼓判を押す。

 応援する理由はまだある。現在東京都内で調整している代表の永田裕治監督は、兵庫・報徳学園高時に指導を仰いだ。「担任の先生でもありましたし、あいさつにいきます」。高校生活...    
<記事全文を読む>