シーズン終盤に差し掛かり、パ・リーグは大混戦の様相となっている。東北楽天が現在、クライマックスシリーズ(CS)進出を狙える位置にいるのも、前半戦は野手陣が奮闘し、中盤からは投手陣が力を発揮してくれたことが背景にある。
 より上の順位を狙うには浅村の活躍が欠かせない。今は精神的なプレッシャーが掛かっているせいか、思うようなタイミングの取り方で打てていない。不調から抜け出すには状態がいい時の映像を見ながらフォームを比較するなどの検証作業も必要だ。
 主砲が苦しんでいる中で茂木、島内、銀次ら主力選手が頑張ってくれている。新人の渡辺佳は先発でも代打でもいい仕事ができている。...    
<記事全文を読む>