人間万事塞翁が馬。荻野貴司外野手ほど、この格言がピッタリのプロ野球選手はいない。プロ10年目の2019年。荻野は規定打席に初めて到達。本塁打も2桁を記録した。オールスターにも初出場。史上9人目の新人から10年連続の2桁盗塁をマークし、8月22日の東京ドームで行われたイーグルス戦では200盗塁を記録。ルーキーイヤーの2010年にわずか46試合の出場で25盗塁を記録するなど鮮烈なデビューを飾ったことを考えれば不運なケガに見舞われ遅い記録達成とはなったが、数々の不運としっかりと向き合い、地道にここまでたどり着いた。そして悔しさの募る心に、いつも伝え続けてきたのは知人から教えてもらった「人間万...    
<記事全文を読む>