◆西武-楽天(24日・メットライフドーム)

 西武の高橋光成投手(22)が、プロ5年目で初の2桁勝利はお預けとなった。6回まで毎回走者を背負いながらも3併殺などで2失点。7回1死から四球と失策で一、二塁とピンチを招いたところで勝ち投手の権利を持って降板した。8回に平井が同点3ランを浴び、白星は消えた。「今回は毎回ランナーを出す投球でいいリズムをつくることができませんでしたが、何とか粘って最低限の仕事はできたと思います。変化球、ストレートともに良くもなく悪くもなくという感じでした」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>