第45回社会人野球日本選手権東北最終予選最終日は24日、仙台市民球場で決勝があり、七十七銀行(宮城)が日本製紙石巻(宮城)を延長十一回、5-4のサヨナラ勝ちで破り、6年ぶり6度目の優勝を果たした。七十七銀行は10月21日に大阪市の京セラドーム大阪で開幕する本大会に出場する。
 最高殊勲選手(MVP)には七十七銀行の中井が選ばれ、首位打者は七十七銀行の長田、敢闘賞は日本製紙石巻の塚本が選出された。

延長サヨナラ勝ち
 ▽決勝
日本製紙石巻(宮城)
   200000001
   101000010
七十七銀...    
<記事全文を読む>