軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会最終日は24日、神宮球場で決勝が行われ、本県代表の茎崎ファイターズは1-3で多賀少年ク(滋賀)に惜敗し、準優勝だった。多賀少年クは2連覇。

 初の決勝に進んだ茎崎ファイターズは、三回に水瀬航平(葛城小5年)の右越え適時打で先制したが、直後の四回に逆転された。

 県勢が決勝に進んだのは16年ぶり。優勝すれば第17回大会の球愛ク以来22年ぶりだった。

▽決勝
多賀少年ク(滋賀)0002010│3
茎崎ファイターズ 0010000│1

...    
<記事全文を読む>