東北楽天の銀次が、史上502人目の1000試合出場を達成。「プロ入りして14年。ここまであっという間だった。自分を支えてくれている全ての人に感謝したい」と語った。
 節目を喜ぶ一方で、「あくまでも通過点」と語気を強める。2位西武との3連戦の初戦を落とし「勝って達成したかった」。自身の4打数無安打も嘆き「久しぶりの4タコを食らってしまった」と、最後は苦い表情で球場を後にした。

...    
<記事全文を読む>