県内各地の女子中学生でつくる軟式野球の選抜チーム「山形ドリームガールズ」が、京都府で23~28日に開かれる全日本中学女子軟式野球大会に初出場する。選手だけでなく、関係者も女子の野球人口拡大に期待を寄せ、盛り上がりを見せている。

 選抜チームは今年、県野球連盟と県中学校体育連盟軟式野球専門部の尽力で初めて結成された。小学生を対象とした3年前の全国大会に出場した選手たちに「もう一度全国を目指してほしい」との思いがきっかけとなった。

 メンバーは中学1~3年の19人。スポーツ少年団で軟式野球に取り組むなどし、現在は男子に交じって野球部で活動したり、...    
<記事全文を読む>