◆西武11―6日本ハム(21日・メットライフドーム)

 効果的な2発で大勝に導いた。山川が6月6日の広島戦以来、今季5度目の1試合2本塁打。勝ち越しに貴重な追加点と「ここぞ」の場面でのアーチに「うれしいですね。今日は(3回の)三振の打席以外、どれも良かった」と表情を緩めた。

 清宮のソロで追いつかれた直後の2回は地面に右膝をつきながら、加藤のカーブを左翼席に運ぶ36号ソロ。「うまく粘ることができた」。1点差に迫られた直後の5回には生田目から37号2ラン。左翼席最前列への滞空時間の長い一発を「点を取られた後に打てて良かった」と振り返った。

 清宮の右翼席...    
<記事全文を読む>