【台中市(台湾)=浜松総局・磐村光紀】第29回国際親善中学野球大会台湾大会(浜松市中学野球国際親善育成会など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)は19日、台中市の万寿棒球場で開幕し、浜松市中学野球選抜団として出場した2チームは台中市の中山国民中とそれぞれ1試合ずつ行った。Hチーム(北浜東部中・平野大輔監督)は勝利し、Oチーム(高台中・太田亮平監督)は敗れた。
 Hチームは二回、小出晴希選手(細江中)のセーフティースクイズで先制して流れを作ると、その後も加点し、6-3で勝利した。平野監督は「全体を通して粘り強く戦った。投手はよく投げ、守備もピンチはあったが、大きなミスがなかった」と...    
<記事全文を読む>