ルートインBCリーグは18日、しんきん諏訪湖スタジアムなどで4試合を行い、西地区首位の信濃グランセローズは同地区2位の石川を5―2で下し、後期優勝へのマジックナンバー「4」が点灯した。6連勝で後期通算21勝7敗とし、残りは6試合。

 信濃は一回、2死一塁からペレスの適時二塁打で先制。三回にも1点を加え、2―1の五回は船崎の右犠飛で加点した。六回は田島の適時内野安打、八回は安野の適時打で引き離した。先発福地は6回1失点で12勝目。七回からはロニー、保田、平尾で継投し、平尾は5セーブ目を挙げた。

 信濃の次戦は21日で、午後6時から同球場で西地区...    
<記事全文を読む>