台湾プロ野球(CPBL)の味全で客員コーチ兼任で現役復帰した川崎宗則内野手(38)が17日、台湾・雲林県の斗六野球場でキャンプインした。ユニホーム姿をお披露目し、背番号はダイエー、ソフトバンク時代と同じ「52」となった。

 川崎は2000年のダイエー入団から海外FAで米球界に移籍するまで12シーズンにわたって52を背負った。12年に入団したマリナーズでは52が空いていなかったため61。「逆から読めばイチロー。素晴らしい番号をいただいた」などとコメントした。13~15年のブルージェイズ、16年のカブス時代は66。

 ソフトバンクは川崎が米国でプレーしている間も一貫...    
<記事全文を読む>