9連敗中と低迷する日本ハムに、東北楽天の先発菅原は自己最短の三回途中4失点でKOされた。「自分から悪い流れにしてしまった。実力不足です」と肩を落とした。
 勝負球を決め切れなかった。失点シーンはいずれも追い込んでからだった。一回は1死一、三塁から清宮に先制の中犠飛を打たれた。2ストライクから「ワンバウンドを放りたかった」と投じた3球目のスライダーが真ん中に入った。
 走者を背負ってからの投球も課題だ。三回1死から右前打で出塁した足の速い西川に対する意識が強くなり、続く大田に四球を与えた。ピンチを広げ、勝負にいった直球を近藤に適時打、王柏融には2点打にされた。
<記事全文を読む>