広島東洋カープは17日、サビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性となったと発表した。同日、日本野球機構(NPB)アンチ・ドーピング委員会から通知があり、バティスタ外野手の出場選手登録を抹消した。詳細は調査裁定委員会の制裁を待って、改めて発表する予定。

 バティスタ外野手はドミニカ共和国のカープアカデミー出身。今季は103試合に出場し、打率2割6分9厘、26本塁打、64打点を記録していた。

...    
<記事全文を読む>