右手小指の整復手術を終えたパットンが15日、横須賀の2軍施設を訪れてリハビリを行い、「手術は無事に成功し、指を動かしたりできるようになってきた」と経過報告した。

 3日の巨人戦でベンチ内の冷蔵庫を殴打したことによる負傷離脱で、球団から罰金500万円の処分を受けた。リハビリ期間中は球団が主催する子ども向けの振興活動に参加する。今季中の復帰は厳しい見通しで、「骨が治り次第なので何とも言えない状況。6~8週間ぐらいを目標に戻れれば」と語った。

...    
<記事全文を読む>