東日本大震災の被災地の子どもを東京に招き、野球を通じて交流する催し「未来にはばたけ!少年少女野球大会」が十四日、文京区の東京ドームであった。福島県いわき市の児童ら約五十人が参加し、あこがれのドームでプレーするなど楽しんだ=写真。

 大会には、いわき市から「いわきサンシャインズ」と「いわきオーシャンズ」の二チーム、都内からは「オール文京」と「シミズオクトベースボールアカデミー」の二チームが参加した。第一試合は同じ地域同士で対戦し、勝ち上がったいわきサンシャインズとオール文京が決勝に進んだ。決勝では、いわきサンシャインズの打線が爆発。8-0でオール文京を下した。

 ...    
<記事全文を読む>