西武は14日、岡田雅利捕手(30)が東京都内の病院で、左母指MP関節尺側側副靱帯(じんたい)修復術と関節鏡視下左膝半月板縫合術を受けたと発表した。今季中の復帰は絶望となった。4日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で本塁クロスプレーの際に走者と交錯し、左手親指を痛めた。また以前から痛みのあった左膝も併せて手術を受けた。来春のキャンプでの復帰に向けてリハビリを行う。今季は森に次ぐ第2捕手として36試合に出場、打率2割6分2厘とバットでも貢献していた。

...    
<記事全文を読む>