◇中日5-1阪神

 中日の新人梅津がプロ初登板で勝利。球威のある直球を軸に6回1失点だった。打線は0-1の一回にビシエドと福田の適時打で2点を奪い、逆転。四回は堂上の10号2ランで加点した。阪神はわずか4安打と打線が低調だった。

   プロ初先発の中日・梅津の気迫が、腕を振るたびに増す。初勝利の権利を得て迎えた六回、先頭の阪神・近本を内角の直球で見逃し三振に仕留め、マウンドで雄たけびを上げた。「自然と出てしまった。打者に向かっていく気持ちで投げようと思った」。ウイニングボールを手にした新人右腕は、照れくさそうに笑った。 <記事全文を読む>