つないで、つないで打ち勝つ。東北楽天打線に春先の好調さがよみがえった。
 主役は渡辺佳だ。1-0の四回2死満塁、竹安のシュートを迷わずに振り抜き、左前適時打とした。
 チームで唯一、得点圏打率が5割を超える渡辺佳は、これで満足しない。最大の見せ場は2-2の六回2死二塁。山田のスライダーを中前にはじき返した。
 平石監督は「山田のスライダーは独特。真っすぐの軌道から横に曲がるので、打つのが難しい。タイミングが合わない中、よく修正して打った」と感心した。
 渡辺はルーキー離れした冷静さで、この難しい球をあえて狙ったという。
 「(1ボール2...    
<記事全文を読む>