球団OBで「ハマの大魔神」と呼ばれた佐々木主浩さん(51)が10日、創設70年記念試合の始球式に登場。守護神の座を継ぐ山崎を打席に立たせた注目の一球はワンバウンドでミットに収まり、「球が抜けなくてよかった。スタンドが大きくなり、景色が全く違った」と笑顔だった。


 1998年の日本一に貢献した佐々木さん。その年以来となるリーグ優勝に向け、首位争いを繰り広げる後輩たちを「ことしこそリーグ優勝、そして日本一を目指してほしい。選手たちにもあの喜びをぜひ経験してもらいたい」と激励した。

...    
<記事全文を読む>