◆西武7―11楽天(8日・大宮公園)

 先行されても決して諦めない。ナインの必死の思いは、助っ人の自滅によってぶち壊された。延長11回。7番手マーティンの独り相撲で幕を閉じた。この回は無安打で4失点。辻監督は「ノーヒットで4点なんて初めて。何してんの。本当にどうしようもない。見ての通り」と突き放した。

 

 

 先頭銀次への四球から雲行きが怪しくなった。送りバントを試みる田中にもストレートの四球。渡辺佳のバントで三塁封殺を狙ったが、とんでもない送球となり、二走の生還を許した。続く辰己に死球を与えて降板。森脇も二つの押し出し四球などで...    
<記事全文を読む>