プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区3位)は7日、高岡西部総合公園野球場で信濃グランセローズ(同2位)に1-5で敗れた。後期通算9勝11敗となり、4位に転落した。

 富山の先発ラミレスは直球の威力、変化球の切れともに十分だったが、コースが甘くなって相手打線にはじき返された。一回に3安打を浴びて2点を失い、七回に追加点を許した。3番手ブラソバンが登板した九回には、バッテリーミスでさらに2点を献上した。

 打線は左横手から低めを突く相手の先発投手を打ちあぐね、八回まで無得点。九回に3四球で得た1死満塁の好機で、つよしが...    
<記事全文を読む>