オリックス4-1西武

 西武の多和田真三郎(富士大)は序盤から崩れ、2回2/3を4失点で6敗目を喫した。一回に4安打を浴びて3点を先制され、二回は西野に適時打。三回に2死満塁のピンチを招いて降板を告げられた。打者の懐を突く攻めが見られず「打者に向かっていく姿勢が足りなかった。ずっと勝ちが付いてなくて勝ちたい気持ちはあったけど…」と首をひねった。

 不振による2軍での再調整から復帰後、これで3連敗。辻監督は「今の球じゃ、抑えられないでしょ」と不満を口にした。

...    
<記事全文を読む>