◇広島8-2巨人

 広島は1-1の七回、代打磯村の適時打など5連打を含む6安打を集中して一挙4点。九回は代打坂倉がプロ初本塁打の3ランで突き放した。野村はテンポよく6回1失点で5勝目。巨人はメルセデスらが要所で踏ん張れなかった。

 バントの構えから引いたバットで真っすぐを思い切り、たたいた。大きく弾んだ打球は三塁手の頭上を越え、左前に抜ける。1-1の七回無死一、二塁。広島ベンチが代打磯村に指示したバスターエンドランが見事にはまった。「逆転の広島」の本領を発揮し、緒方監督は「選手がしっかり動いてくれたということ」と目尻を下げた...    
<記事全文を読む>