プレーボール間もない球場に、またしてもアーチを架けた。一回、西川が月間4本目の先頭打者本塁打を右翼席へ突き刺した。三村敏之(1970年6月)と緒方孝市(99年9月)が持っていた3本を抜く球団新記録に、「全然意識してなかった。(本塁打は)たまたま」。素っ気なく振る舞う姿がまた頼もしい。

...    
<記事全文を読む>