第90回都市対抗野球大会で初優勝した千葉市代表のJFE東日本の選手らが31日、千葉市中央区の千葉日報社を訪れ、県勢では44年ぶりとなる快挙を報告した。

 金色に輝く黒獅子旗を携えて落合成紀監督や最優秀選手に贈られる橋戸賞を獲得した須田幸太投手、JFEスチール常務執行役員・東日本製鉄所の岩山眞士副所長ら10人が訪問。

 落合監督は「44年ぶりに千葉県に黒獅子旗を持ち帰ることができて大変うれしく思う」とあいさつ。続けて「これからはディフェンディングチャンピオンとして一層精進してまいりたい」と今後の決意を語った。

 千葉日報社の大澤克之助社長は「野球を通じ...    
<記事全文を読む>