第六十九回中部日本六人制バレーボール総合男女選手権大会(中部日本バレーボール連合、中日新聞社、日刊県民福井主催)は最終日の十五日、福井市の県営体育館で準決勝と決勝が行われ、県勢は高校男子で福井工大福井が三年ぶり四回目の優勝を果たした。同女子の福井工大福井は準決勝で敗れて3位となり、四連覇を逃した。

 一般男子はVリーグ二部のトヨタ自動車サンホークス(愛知)、同女子はVリーグ一部のトヨタ車体クインシーズ(同)がともに連覇を達成。高校女子は富山第一(富山)が初優勝した。

 (長谷川寛之)

◆高校総体4強目指す 男子<...    
<記事全文を読む>