バレーボールのU-20(20歳以下)世界選手権はメキシコで12日に開幕する。U-20女子日本代表(登録12人)を束ねるのは4月に就任したばかりの相原昇監督(51)だ。

 2004年から昨年度まで監督を務めた大分・東九州龍谷高では通称「春高バレー」で5連覇を含む6度の優勝を達成。全国総体、国体と合わせた高校3冠大会で12個の全国タイトルを獲得するなど“平成の名将”と呼ばれた。

 輝かしい戦績だけでなく、これまでに多くの代表選手を育てた。中田監督が率いる現在の女子日本代表でも、主将の岩坂や鍋谷友理枝(デンソー)、芥川愛加(JT)は高校時代の教...    
<記事全文を読む>