北海道中学校体育大会第47回北海道中学校柔道大会登別大会が30日、日本工学院北海道専門学校体育館で始まった。初日は団体戦が行われ、胆振勢は全国出場を逃した。最終日のきょう31日は個人戦が行われる。

 男子は個人戦に116人、団体戦に18校、女子は個人戦に81人、団体戦に11校が出場。それぞれトーナメントが行われ、優勝した選手、学校は8月17~20日に姫路市で開かれる全国大会に進出する。開会式では登別緑陽中の内藤稜音主将、田崎那奈副主将が「支えに感謝して全力を尽くしたい」と選手宣誓した。

 団体戦は、男子の苫小牧和光...    
<記事全文を読む>