バドミントンの男子シングルスを制したのは急成長中の1年生。焼津大村中の天野が圧巻の全試合ストレート勝ちで頂点に立った。「勝ちたいと思わず、一球一球に集中することを意識した」。あどけなさの残る顔に笑みが広がった。
 競技を始めたのは小学4年の時。藤枝市の「広幡バドキッズ」の練習見学に行き、楽しそうにプレーする選手の姿が心に残った。サッカーや野球の選択肢もあったが、父親に「やりたい」と言い出したのがバドミントンだった。
 身長150センチ台と小柄な体を、相手の裏を取るプレーでカバーする。「フェイントを入れたり、打つ場所を変えたりしてタイミングをずらしている」
...    
<記事全文を読む>