2030年冬季五輪の招致を目指す札幌市は29日、そり競技会場の候補としている長野市のボブスレー・リュージュ施設「スパイラル」の活用に向けた正式な協議を、31日に同市側と始めると明らかにした。スパイラルは所有、運営する同市が昨年度から製氷を休止しているが、招致が実現し、同施設が活用されることになれば、県内では1998年長野大会以来の五輪競技開催となる。

 ボブスレー、スケルトン、リュージュといったそり競技施設は現在、北海道内にない。札幌市は29日、2101億円としていた施設整備費はスパイラルなど既存施設を最大限活用し、会場を新設しない場合、800億〜1400億円に圧...    
<記事全文を読む>