競泳の国体選手選考会を兼ねた兵庫県選手権(神戸新聞社後援)最終日は28日、神戸市立ポートアイランドスポーツセンターであり、ユニバーシアード男子200メートルバタフライ銀メダルの幌村尚(早大、西脇工高出)が100メートルバタフライを53秒20で制し、200メートル自由形では8位に入った。女子50メートル自由形は居林優衣(中京大、須磨学園高出)が26秒41の大会新記録で優勝した。

 東京パラリンピックを目指す選手も出場し、兵庫勢は男子50メートル自由形の山田拓朗(三田市出身)が26秒73、同100メートル平泳ぎの中村智太郎(神戸市垂水区出身)が1分27秒97をマークした。 <記事全文を読む>