カヌーのJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生大会は最終日の28日、西川町の月山湖カヌースプリント競技場で男女各種目の決勝を行った。

【ハイライト】迫るライバル、0秒367差・男子K2
 県勢はスプリント(500メートル)で、男子カヤックシングルの押野優太(河北)、同ペアの押野・木嶋怜斗(同)がそれぞれ頂点に立った。押野は今大会2冠を達成し、男子の最優秀選手に輝いた。女子カナディアンシングルの荒木詩月(西川)は2連覇を果たした。男子カヤックフォアの河北(押野、佐藤仁法、木嶋、井上叶)は準優勝。女子カヤックペアの橋本碧唯・三瓶りゆ(寒河江カヌーク)は3位...    
<記事全文を読む>