【光州(韓国)伊藤瀬里加】韓国・光州で開催されていた水泳の世界選手権が28日、閉幕した。次回大会は2021年に福岡市のマリンメッセ福岡を主会場に開催される。光州の大会には過去最多194カ国・地域から選手、スタッフ約1万5千人が参加した。同日は全日程終了後に閉幕セレモニーがあり、福岡市を紹介するPR映像が流れ、大会旗が福岡市の高島宗一郎市長に手渡された。競泳の決勝種目に先立ち、光州市内のイベント施設でも福岡市を紹介。「博多祝い唄(祝いめでた)」や博多祇園山笠をイメージしたダンスパフォーマンスも披露された。

 水泳の世界選手権が光州から福岡に引き継がれた。日韓関係が悪化の一途を...    
<記事全文を読む>