全道中学大会競泳は28日、男女14種目の決勝を行い、男子100メートル背泳ぎは岩東光2年の諏訪遥希が59秒18で初優勝。男子100メートル平泳ぎでは1分5秒55をマークした井口大希(札西岡北)が前日の200メートル平泳ぎに続いて2冠を達成した。女子100メートル平泳ぎは札東栄2年の川井愛奈が1分12秒40の大会新で初優勝し、前日の200メートル平泳ぎと合わせて2冠を獲得した。

 陸上は男女13種目の決勝を行った。男子800メートルは桜井一夏(帯南町)が1分56秒97の大会新記録で初優勝し、前日の男子1500メートルとの2冠に輝いた。男子200メートルは村上裕太郎(函五稜郭)...    
<記事全文を読む>