ラグビーの国際大会、パシフィック・ネーションズカップは27日、ワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つ、岩手・釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで開幕し、世界ランキング11位の日本が同9位のフィジーを34-21で破った。対戦成績は日本の4勝14敗となった。
 今年最初のテストマッチとなる日本は、前半8分にSO田村(キヤノン)のキックパスをWTB福岡(パナソニック)が押さえてトライを挙げるなど前半に4トライを奪って29-14で折り返した。
 後半はペースダウンしたが、15分にWTB松島(サントリー)がこぼれ球をインゴールに運んでトライした。5トライを挙げた日本は...    
<記事全文を読む>