2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市が、豊平区の札幌ドーム周辺にスポーツ施設を集めて「スポーツパーク」とする構想づくりに着手していることが分かった。想定しているのは老朽化した月寒体育館(豊平区)の機能を引き継ぐ施設や、冬季競技の強化拠点ハイパフォーマンスセンター(HPC)、ラグビー場など。企業パビリオンが並ぶ「オリンピックパーク」にも活用できるようにする。

■スケート場や選手強化拠点

 予定地は札幌ドーム南東側で、国道36号と羊ケ丘通に挟まれた、北海道農業研究センターを含む国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の敷地。市は60...    
<記事全文を読む>