湖西市内に二十九日まで滞在するドイツのスポーツ少年団が二十五日、湖西市役所を訪れ=写真、影山剛士市長にあいさつした。市内の高校生と交流したり、地元の伝統文化を体験したりする。

 日本スポーツ協会日本スポーツ少年団と都道府県体育協会スポーツ少年団が主催し、一九七四年から毎年交流を続けている。今年はドイツから百二十五人が来日し、十三グループに分かれて全国各地で活動する。

 湖西市には、ドイツ南部ヴュルテンベルク地方の十五~二十四歳の男女十人が来訪。期間中は、市内の高校の剣道部や弓道部と交流し、遠州新居手筒花火や新居関所などを見学する予定。その後は三重県や岐阜県に移動...    
<記事全文を読む>